メインイメージ画像

たくさんの確認すべきこと

長年頑張ってきた実績に自信を持ち独立して開業したいなら準備は何からが良いのかですよね。先ずは地元の商工会議所に出向き相談しに行きましょう。概ね理解したら出来る事から行っていきます。当然開業資金を出来る限り確保しておくことも重要です。資金を借り入れる場合も自分はいくらまで必要でいくらまで融資が受けられるかしっかりと聞いて進めて下さい。

さらに事業が成り立つように顧客がいるかどうか、能力は確かか、自分の性格で集客は望めるか、開業後運営できる資金は十分かも確認した方が良いでしょう。様々な視点からわかっていたいので、やはり開業に関する相談会などにどんどん相談すると良いです。

起業したいと考えた時に、満足できる程自己資金がいいのですが、不足している場合は融資で相談していかなければなりませんね。一般の金融機関では希望通りに借りれないパターンもあると言いますが、日本政策金融公庫においての国民生活事業というものでは個人や中小企業を対象に融資を行っています。

比較的少ない融資の範囲ですが個人や中小企業に対する融資となるので十分だと言えます。事業の審査や返済可能かどうかの審査ももちろんあるのできちんと相談してみて下さい。もちろん、返済していけると認識されないと融資はダメな場合があります。詳しく調べれば色々な制度や支援体制があるようですので、融資を受けたいと思うならまず政府による中小企業金融公庫まで相談してみましょう。

更新情報